ガチ比較!com

レビューが信じられない時代の本音の徹底比較サイト

公開日:2019年9月20日

無人自動走行ロボットが荷物を配送

「西友 リヴィンよこすか店」に隣接するうみかぜ公園において、自動走行ロボットが荷物を配送するサービス実施を、楽天株式会社と合同会社西友が共同で発表しました。

実施期間は9月21日~10月27日のうちの土曜日と日曜日で、最大1日12件の配送を予定しています。

自動走行ロボットを活用した商用配送サービスが一般利用者に向けて提供されるのは日本国内初となり、配送料金は1回の注文につき300円(税込)の設定です。

想定利用者について

うみかぜ公園

うみかぜ公園を訪れた一般利用客を対象に、バーベキューやピクニックを楽しむ際に必要な生鮮品や食材、飲料、絆創膏をはじめとする救急用品等、約400品目を取り扱います。

注文開始時刻は各実施日の午前8時からとなり、悪天候時には運用が中止されます。
当日の運用状況については、「楽天ドローン」アプリで確認することが可能です。

注文してからの流れ

注文してからの流れ

利用者は「楽天ドローン」アプリに楽天IDでログインし、届けてほしい品の注文と受け取り希望時間・場所を指定します。
決済は「楽天ペイ」にてオンライン決済をすることができ、配送ステータスも楽天ドローンアプリで随時確認できます。

注文方法

出典:楽天株式会社

自動走行ロボットが指定の荷物配送場所に着くと、利用者のアプリにプッシュ通知が届く仕組みで、通知には専用の暗証番号が記載されています。

暗証番号をロボットに搭載されたタッチパネルに入力することで荷物を受け取ることができ、受け取り場所として指定できる場所は、公園内に複数箇所用意されます。

楽天と西友の試み

スマートモビリティチャレンジ

出典:楽天株式会社

楽天と西友はこれまでにも、横須賀沖の猿島を舞台にしたドローン商用配送サービスの実施等、「ヨコスカ・スマートモビリティチャレンジ」の一環としての試みをおこなっています。

今回はドローンだけではなく、公道等のさまざまな場所での無人配送の実現に向け、自動走行ロボットを活用した取り組みを実施することになりました。

新しい配送サービスの構築に向け、両者のチャレンジは今後も続いていくとしています。

寄付する

  

おススメ記事