ガチ比較!com

レビューが信じられない時代の本音の徹底比較サイト

公開日:2020年5月20日

佐川急便が「指定場所配送サービス」を開始。受取人が配達先を自由に選べるように!

佐川急便株式会社(京都府京都市)は、5月18日から「指定場所配送サービス」をスタートしました。
これにより、飛脚宅急便、飛脚空港便、飛脚ジャストタイム便は、荷物を受け取る人の希望の場所に荷物を配送することができます。

個別契約を結んでいる顧客から発送される荷物限定

再配達などのサービスに加えて

佐川急便はこれまで、コンビニエンスストアでの受け取りや宅配ボックスの利用、再配達などのサービスを行ってきましたが、今回の特徴は、受け取り場所がさまざまに選べるところです。

配達員は、指定された場所に荷物を届けます。
この場所は、玄関先や車庫内など、受取人が指定します。
荷物を届けた証明として、配達員は荷物を届けた場所や状態を撮影します。
また、日程や時間指定のサービスも利用できます。
ただし、指定場所配送サービス利用できるのは、個別契約を結んでいる顧客から発送される荷物に限られます。

日本郵便やヤマト運輸は、すでに非対面での受け取りが可能なサービスを提供しており、佐川急便も荷物の配送の増加や再配達抑制を目指して、置き配サービスを導入しました。こ
れにより、顧客の利便性が高まるとともに、再配達によるドライバーの長時間労働の減少や、走行距離の抑制効果が期待できるでしょう。

寄付する

  

おススメ記事

受領方法