ガチ比較!com

レビューが信じられない時代の本音の徹底比較サイト

公開日:2019年9月30日

パナソニックから工事不要で手軽に設置可能な多機能宅配ボックス登場

出典:パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社

パナソニックライフソリューションズは、手軽に設置可能な後付け用宅配ボックス「COMBO-Light(コンボライト)」を2019年10月21日に発売すると発表した。

近年、宅配業者の人手不足が社会課題となっている中、宅配業界の改革への関心が高まっている。

そこでパナソニックは、2016年度から宅配ボックスによる再配達率削減効果などを検証する実証実験を行ない、宅配ボックス普及のための課題を探ってきたという。

パナソニックのハウジングシステム事業部の中島 裕章部長は、
「戸建て用の宅配ボックス市場は新築需要が全体の7割、既築需要は3割程度。既築市場には伸びしろがあるものの、設置性と導入コストという課題があった。今回の新製品は、この課題の解決を目指したもの」と話す。

COMBO-Light(コンボライト)の特徴

COMBO-Light(コンボライト)

出典:パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社

新しいコンボライトの特徴は、「お求めやすい価格」「取付けしやすい工事」「大型品も受取可能」「二個目の荷物も受取可能」の計4点だ。

このコンボライトは同社が展開する宅配ボックスシリーズの最新版で、従来の機能性はそのままに、より手軽で簡単に導入できるように改良されている。

従来のアンカー施工のほか、ユーザーが自ら簡単に台座に設置できる『接着施工』という方法での設置が、新たに可能となっている。

台座に設置する接着施工

出典:パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社

他にも、大きめの荷物や複数個の荷物にも対応できる大容量のラージタイプも用意。
連結使用も可能で、宅配を多く使う人は、あらかじめ複数台を用意するという事もできる。

後付け用宅配ボックスの普及を目指して

後付け用宅配ボックスの普及

出典:パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社

施工方法に関しては、新築用の場合、門壁に埋め込むほか、ポールを使った施工など様々な施工方法が選択できる。

新築用の場合は荷物の出し入れも、「前から入れて前から取り出す」ほか、「前から入れて後ろから取り出す」など、ユーザーのニーズにあわせ、多彩な製品ラインアップが用意されているが、今回の新製品コンボライトは、荷物の出し入れは「前から入れて前から取り出す」のみ。
施工方法は、床面に固定する方法がメインとなる。

樹脂素材でコストダウン

出典:パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社

素材は金属ではなく樹脂を使用し、これらの改良によって本製品は大幅な値下げに成功している。
同社によれば、従来のミドルタイプ(83,500円)の約半額で販売される。

COMBO-Light(コンボライト)の製品仕様

スマートモビリティチャレンジ

出典:パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社

箱のサイズはミドルタイプとラージタイプの2種類が用意されており、ミドルタイプが390×473×590mm(幅×奥行き×高さ)、ラージタイプが390×473×790mm(幅×奥行き×高さ)となっている。

ミドルタイプとラージタイプの2種類

出典:パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社

また、ミドルタイプ/ミドルタイプ、ミドルタイプ/ラージタイプの組み合わせで計2種類の2段設置が可能だ。
複数の荷物が届く場合は勿論、二世帯住宅という環境にも役立てそうだ。

さらに、このボックスは印鑑を内蔵できる。
ボタンを下げれば押印が可能で、同時に施錠も行なえる。

子供や小さなペット万が一に閉じ込められた場合でも、内部のレバーに触れれば解錠できる安全機能も備えているから安心だ。

6種類のカラバリ

出典:パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社

カラーはマットブラック/漆喰ホワイト/エイジングブラウン/ステンシルバー/ボルドー/ダークウッドの6種類が用意されていて、価格はミドルタイプが3万9,800円(ブラック)と4万9,800円(その他のカラー)、ラージタイプが4万9,800円(ブラック)と5万9,800円(その他のカラー)となっている。

寄付する

  

おススメ記事