ガチ比較!com

レビューが信じられない時代の本音の徹底比較サイト

公開日:2019年7月30日

ドローン宅配サービス実現に向けた検証を実施

ドローン宅配サービスの実現に向けた検証として、LINEで注文・決済した玄界島産アワビとサザエをドローンで運搬する試みをおこなうことを発表した。

この検証は

  • ANAホールディングス株式会社
  • LINE Fukuoka株式会社
  • 株式会社自律制御システム研究所
  • 株式会社NTTドコモ
  • 株式会社ウェザーニュース

が共同でおこなうもので、福岡県も協力する。

このなかでANAホールディングス株式会社は、以前よりドローン事業化に向けた検証をおこなっている企業である。

検証内容

ドローンを用いて運搬

福岡市西区玄界島と活魚茶屋 ざうお本店(福岡市西区)間、同玄界島と能古島キャンプ村間を対象とし、LINEで注文が入った海産物をドローンを用いて運搬するというもので、将来的には宅配サービスの実現を目指した検証となる。
検証の詳細は、こちらのPDFをご覧ください。

検証実施日

検証実施日

出典:ANAホールディングス株式会社

2019年7月30日~8月2日までとなっており、このうち公開予定は、活魚茶屋 ざうお本店にて8月1日のみ実施される。
なお、8月1日が悪天候だった場合は翌2日の公開となる予定だ。

協力企業の役割

協力企業の役割

出典:ANAホールディングス株式会社

本検証の代表事業者であるANAホールディングス株式会社は、ドローンの運搬管理、LINE Fukuoka株式会社は、注文と決済機能の提供、株式会社自律制御システム研究所は、ドローン機体の提供と運搬に関わるサポート、株式会社NTTドコモは、ドローン飛行に関わるLTEネットワークの提供とdocomoskyによる運搬計画の策定支援、株式会社ウェザーニューズは、気象情報サポートと飛行位置情報の提供、福岡市は検証の対象地域の関係者との調整を担当する。

利用者側の手順

利用者側の手順

出典:ANAホールディングス株式会社

LINEにて現在地を選択肢、注文するメニューと数量を決める。
決済はLINE Payでおこない、決済後に注文番号が発行される仕組みだ。
バーベキューを楽しむ利用者へ、玄界島産の海産物をドローン輸送するシステムのための検証となる。

飛行の概要

飛行の概要

ドローンへの積載物は0.9kg以下の荷物とし、飛行距離は10.3kmと6.4kmの2つのパターンとなり、飛行高度は海上より60mの高度の予定だ。
天候は小雨時は決行、荒天の場合は延期か中止の判断になる。

報道機関への公開のほか、一般の見学も可能となるが、安全のために関係者の指示にはきちんと従うようにしよう。

コメントを残す

寄付する

  

おススメ記事